FC2ブログ

7月23日練習

7月23日(土)9:30~12:00@有明高専

猛暑の中、夏休み前の最終練習でした。

IMG_1687.jpg
IMG_1688.jpg
IMG_1689.jpg
IMG_1691.jpg
スポンサーサイト



三井訪問 続報

7月13日(水)の三井化学表敬訪問の記事が地元メディア有明新報に掲載されましたので、ご紹介します。
現役部員やOB・OGの方々に、あらためて知っていただき、多くの思いに応える側にいる有難さや誇らしさを感じてもらいたい。

有明新報

併せて、三井化学グループ広報の記事もご紹介します。

IMG_1193.jpg

7月13日三井化学を表敬訪問

 7月13日(水)、豪雨の中、有明高専ラグビー部を代表し、部長・山崎先生と前総監督・南義弘氏、そして小生の3名で三井化学大牟田工場を表敬訪問しました。

 南義弘氏を通じて37年間もの長きにわたり有明高専ラグビー部を指導していただいたこと、に対する謝意と敬意を伝えるためでした。その気持ちをカタチにする意味で、新人戦で披露した新セカンドジャージーを額に飾り三井化学側へ寄贈しました。デザインは当時西日本社会人ラグビーで隆盛を誇った三井化学(当時名:三井東圧化学)ラグビー部のファーストジャージーの復刻版です。

IMG_1192.jpg
FullSizeRender.jpg


 左胸には有明ラグビーの理念でありエンブレムとしているスリーエフ(FFF)、そして右胸には地域交流の証として大牟田市の市花である「やぶつばき」をつけています。スリーエフの赤は「やぶつばき」に合わせたことと、1999年全国大会に出場した頃のセカンドジャージーが赤文字だったことから再起の誓いです。

三井化学大牟田工場側は、工場次長兼総務部長様・総務課長様・総務課長補佐様・グループ会社業務部長様の4名の方々が、ご多忙の中、丁寧で真摯に応対していただきました。三井化学の企業としての社会貢献の歴史、地域交流の歴史、そして現在は廃部となった三井化学ラグビー部の存在意義、等々を懐かしみながら談笑。4名の中には、当時ラグビー部在籍の面々もおられ、話は尽きませんでした。

有明高専ラグビー部は、この歴史の上に立っていること・多くの支えがあったこと、をいつまでも忘れずに感謝し、これらの思いを継承していきラグビーを通じた人間育成に励んでいきます。

なお、地元メディア・有明新報社が取材に来られ記事にされるそうです。また、三井化学グループも社内広報に掲載し全社員へ配信され、「企業文化の誇り」を伝えられました。

7月9日練習

7月9日(土)、梅雨の晴れ間の猛暑。この日も基本スキル主体の練習でした。

繁忙期の家業の手伝い、通院、自動車学校の予定、兼部選手の夏の本大会参加・・・欠席者も多いですが、今、やるべき事を事前に真摯に申し出ていれば練習欠席もやむなし、です。高専という特殊なカテゴリー、以前、全国強豪・神戸市立高専の環境が書かれた記事を読みましたが、学業や卒業研究等で練習の制限も多いようです。その制限の中で、どれだけ集中しマネジメントされるか、自立・自律できるか、でしょう。

学校ホームページには偶然にも主将が卒業研究に取り組む姿が紹介されています。オリジナリティのあるテーマを一所懸命、顔を真っ黒になりながら打ち込む姿は、ラグビーをリードする様子と重なります。秋には、卒業時には、社会に出てから、成果が出ることでしょう。

IMG_1566.jpg
IMG_1568.jpg
IMG_1570.jpg

7月6日練習

7月6日(水)、猛暑の中、野球・サッカー・ハンドボールを横目に木下主将のリードで練習開始。基礎の反復、新人の底上げが命題です。

そして月水金に実施の筋力トレーニング。猛暑で夏バテとなり食欲がなくなることが身体づくりの天敵です。プロテイン等の栄養補給も大切です。ルーティンをどこまでやりきるか、言うだけになっていないか、体重やベンチプレスを定量的にマネジメントする、・・・各自の自覚と主将のリード(マネージャーらと共に)が鍵となります。

IMG_1529.jpg
IMG_1532.jpg
IMG_1533.jpg



7月2日練習

7月2日(土)、練習前に通り雨。蒸し返しと強い日差しに”熱射病”にならぬよう、小まめな給水と休憩を織り交ぜながらの練習に努めました。指の故障でランメニューしかできない木下主将が、笛を吹き、練習の合間にチェックも入れ、リードに励んでくれました。

練習前に、身なり、について話しましたが、高専は大学のような学風もあり自由奔放が良さでもあり悪さでもあると卒業生として感じます。特に親元を離れた解放感もあり、時流や様々な先輩たちに大きく影響を受ける年代でもあります。しかし、そこは青少年スポーツのあるべき姿、スタンダードを軸にしたい・追い求めるべき、とクラブとしては考えています。

IMG_1489.jpg
IMG_1490.jpg
IMG_1485.jpg

この日はグリッドと実戦形式でのパス&キャッチスキルの反復を行い、また、怪我なきようタックル等の姿勢・フォームを入念に確認しました。1年生もベースとなる今シーズンのチーム事情。例年なら練習試合も行っている時期ですが、今年は8月までじっくり基礎を積み上げ、不安を払しょくしたいと思います。

7月1日練習

7月1日(金)は久しぶりに平日参加。木下イズムが浸透し、遠くからも”大きな挨拶の声”。スポーツマンらしい素直さ、謙虚さ、を感じます。平日の出席率と雰囲気を再認識し、参加者・不参加者の各々のモチベーションを計ることができました。年功序列や本能・スキルだけでない選手選考をベースにしたいと思います。コツコツ努力する者、謙虚でひたむきな者、彼らが花開くよう指導したいと考えています。

火曜日と金曜日は筋力トレーニングの日。わずかな施設しかない有明高専。自重も交えて部位を意識しながら、そして直後のプロテイン補給とルーティンを貫くことが大切です。重要な部位も漏れていたので、主将にはマネジメントを徹底するよう伝えました。自分自身のため、心配する保護者のため、そして勝利を掴むため、筋トレをカタチにする義務があります。

IMG_1479.jpg
IMG_1477.jpg
IMG_1476.jpg

練習前には総務課と新たに強化するナイター照明について打ち合わせを行いました。50周年と異なり、学校側、とりわけ総務課施設係の意識が高く、先だって生い茂った桜の木の枝を伐採してくれていました。有難いです。怪我のないラグビー部活動のため、また他部活動にとってもより良い環境が築ければと思います。

IMG_1478.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR